キャッスルエクセレント

1986 アクションパズル アスキー

発売日

1986/ 11/28

定価

4,800円

フリマ

ヤフオク レトロゲーム
ヤフオク レトロゲーム
メルカリレトロゲーム
ラクマ レトロゲーム

 

ジャンル

アクションパズル

メーカー

アスキー
キャッスルエクセレント

概要

横視点で重力のあるアクションパズルゲーム。ゲームの最終目的は、城のどこかに幽閉されているマルガリータ姫を救出することである。
キャッスルエクセレント キャッスルエクセレント
城は全部で100の部屋からなっており、各部屋にはさまざまなギミック(仕掛け)が仕掛けられている。
ある時は敵を倒し、ある時は仕掛けをくぐり抜け、またある時は難解なパズルを解きながら、姫の部屋を目指す。
キャッスルエクセレント

1部屋は1画面分で、扉を開けて左右の部屋へ、穴を潜って下の部屋へ、エレベータに乗って上の部屋へ移動する。扉は色分けされた6種類が存在し、対応する色の鍵を持っていないと開けることができない。扉を開ける順番を間違えるとクリア不能になってしまう。
キャッスルエクセレント
ステージクリア式ではなく、100の部屋を自由に動き回ることができる。むしろ城全体が巨大な迷宮になっており、ある部屋へ最初に入った時は通過できなかった仕掛けが、別の扉から入ることで通過可能になるようなこともある。

丸みを帯びた二頭身のキャラクターや明るいBGM、ゆったりした動きから全体的にはかわいらしい印象を受けるが、ギミックの特性を最大限に生かしたアクションを伴う難解なパズルになっており、ゲームの攻略の難易度は印象に反して非常に高い。
キャッスルエクセレント

続編の『キャッスルエクセレント』は、ゲームシステムはまったく同一であるものの、城のマップがより複雑になり、アクション、パズルとも前作より高難易度になっている。
ファミリーコンピュータ版のキャッスルエクセレントは、王子が武器で攻撃できるなど、ゲームシステムにも若干の変更が加えられているが、サーベルの射程範囲が短かすぎて使い物にならないことで知られる。

パッケージイラストは少女漫画家のめるへんめーかーが作画した。

ストーリー
マルガリータ姫は類まれなる美貌と美しい歌声で知られ、人々に愛されていた。
しかし彼女の噂を聞きつけた魔王メフィストは、マルガリータ姫を誘拐し、自分だけの歌人形にすべくグロッケン城に監禁してしまった。
それを聞いた隣国の王子ラファエルは、姫を助けるべくグロッケン城へ乗り込んだ。

取説

キャッスルエクセレント キャッスルエクセレント キャッスルエクセレント キャッスルエクセレント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
キャッスルエクセレント

駿河屋さんはコチラ


とっぷ
たいとる
しらべる
げーむりすと
ぎゃらりー